2006年08月26日

かわらミュージアム(滋賀)

美的建築ワールド|かわらミュージアム(滋賀)
 
■■ かわらミュージアム(滋賀)
KAWARA MUSEUM
設計 出江寛 出江建築事務所
受賞 第9回甍賞金賞(通産大臣賞)、手づくり郷土賞(建設省)、第21回HIROBA作品賞
訪問日 2006-08-23
作成日 2006-08-26

近江八幡は城下町として、また近江商人のまちとして繁栄し、発展をとげました。また八幡瓦で知られる瓦の名産地でもあり、往時の町並みなどの歴史的景観に大変恵まれ、周辺は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。「瓦」は屋根の表情をつくり、屋根の連なりが、まちの景観を支えてきたという視点で「かわら」をとらえ、瓦の魅力を随所に活かした建物自体が展示物となっています。かわらミュージアムは、瓦工場跡地に立地し、水運交通の便利な八幡堀に面して建てられました。
平面的には大きな建物ではなく、10棟の建物をつなげて分節化されており、集落や街のように見える。瓦の発祥や作り方、使い方など一連の流れがわかるようになっています。白壁のしっくいと瓦の黒とがはっきりとした大変個性的な瓦づくしの建物です。
DATA
住所 滋賀県近江八幡多賀町738-2
用途 博物館
敷地面積 2,853.5500m2
建築面積 1,195.0500m2
延べ面積 1,467.0500m2
構造・規模 地上2階 木造 一部鉄骨造
施工
竣工 1995年3月
地図 Googleマップ
関連HP
アプローチは数々の花や生き物などを瓦でデザインされています。古瓦とアルミと鉄のフラットバーで仕切りながら幾何学的に織り込まれている。建物入口へ入るまでに楽しませてくれます。閑華風の道や鬼の道などがあります。
瓦といえば鬼瓦がたくさん展示されていましたが、中でも大黒さんや恵比寿さんの瓦もありさすが商人の町だと思いました。
かわらミュージアムの裏には水郷めぐりの船着場があり、風情ある風景を望むことができます。水郷めぐりは大人1000円。35分間。船頭さんがガイドしてくれます。
利用ご案内
休業日 月曜日(祝日の場合は開館)
祝日の翌日、年末年始
営業時間 9:00〜16:30(入館は16:00まで)
駐車場 無料
交通 JR近江八幡駅より長命寺行きバス乗車。大杉町下車徒歩 3分
TEL 0748-33-8567
FAX 0748-33-8722
利用料金 大人300円  小・中学生200円
(団体10人以上は50円引き)
レストラン 喫茶・瓦亭(観光物産協会直営店:電話0748-36-6248)


りんくうLINES 管理人のBLOG日記 美的建築ワールド りんくうLINES地域リンク集 人気blogランキングへ
Copyright(c) 2000 Link Lines by Yukihiro Fukuroya  All Rights Reserved -
りんくうLINESTOP   美的建築ワールド   掲示板   BLOG  リンク
posted by 袋谷幸宏 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 滋賀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。