2008年01月03日

土門拳記念館 (山形)

美的建築ワールド|土門拳記念館 (山形)
 
■■ 土門拳記念館 (山形)
DomonKen Kinenkan
設計 谷口建築設計研究所
昭和59年(1984)第9回吉田五十八賞受賞
昭和62年(1987)3月 芸術院賞受賞
平成13年(2001)12月 第27回日本写真家協会賞受賞
訪問日 2007-08-23
作成日 2008-01-03

DATA
住所 〒998-00556山県酒田市飯森山2-13飯森山公園内
用途 美術館
敷地面積
建築面積
延べ面積 1,754.23m²
構造・規模 地上1階/RC造
施工 間組・平尾工務店JV
竣工 1983年
地図 Googleマップ
関連HP http://www.domonken-kinenkan.jp/setup_file/setup.html
  皆様、応援お願いいたします。      
人気ブログランキングに参加しています。→ ブログ・ランキングに参加中 ←投票ボタン
投票していただける方はボタン押してね。ありがとうございました。
酒田出身の写真家土門拳の作品を収蔵展示する日本初の写真専門美術館。郊外の最上川河口沿いの公園内の立地を生かし人工池に浮かぶようにつくられている。コンクリートと花崗岩が端正な直線で構成されたシンプルな空間が出来上がっている。

この土門拳記念館は今まで一番見ておきたかった建築で、長年の希望がやっとかなえられました。酒田市体育館と共に並んで谷口建築が見られるのも最高です。この池に浮かぶ姿と1本の松が生えているのはなんとも言葉にならないくらいの配置、いや構図です。

また土門拳と親交のあったイサム・ノグチ、亀倉雄策、勅使河原宏の作品による建築への協力もある。
土門 拳
明治42年〜平成2年(1909〜1990)
写真家。山形県酒田市に生まれる。
リアリズム写真を確立した写真界の巨匠、報道写真の鬼と呼ばれた時代もありその名は世界的に知られている。

ライフワークであった「古寺巡礼」は土門の最高傑作とされ特に著名であるが、「室生寺」「ヒロシマ」「筑豊のこどもたち」「文楽」「風貌」「日本の古陶磁」「古窯遍歴」「日本名匠伝」ほか数多くの作品を残し、いずれも不朽の名作群として名高い。
  
中庭にはイサムノグチの石彫刻があります 中庭と池を見ながらの廊下
コンクリートがいつまでもきれいなのも笠木の納まりが良く、とてもシャープに見える工夫をしている 勅使河原宏氏作の庭
利用ご案内
休業日 4〜11月は無休(ただし展示替のための休館日あり)。その他の月は毎週月曜日(祝日の場合、翌日)・年末年始
営業時間 9:00〜16:30
駐車場 353台(共有)
交通 JR羽越本線酒田駅からるんるんバス大学線かんぽの郷行きで16分、土門拳記念館下車、徒歩3分
TEL 0234-31-0028
FAX 0234-31-0028
利用料金 入館料=大人420円、高・大学生210円、小・中学生100円
レストラン なし
地図
拡大地図を表示


りんくうLINES 管理人のBLOG日記 美的建築ワールド りんくうLINES地域リンク集 人気blogランキングへ
Copyright(c) 2000 Link Lines by Yukihiro Fukuroya  All Rights Reserved -
りんくうLINESTOP   美的建築ワールド   掲示板   BLOG  リンク

 

posted by 袋谷幸宏 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 山形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。