2006年05月06日

東光園(鳥取)

美的建築ワールド
 
■■ 東光園(鳥取)
Toukouen
設計 菊竹清訓建築設計事務所
訪問日 2006-03-16
作成日 2006-05-05

 最初この外観を見て、まるで鉄仮面を思い出すような屋根の形状でした。途中の階が浮いていたり、構造的なデザインを強調していました。ロビーにある照明器具なんかもデザインされていて、当時のデザインが随所に残っています。露天風呂もとてもいい空間作りをされています。広大な敷地にある日本庭園もあり、宿泊施設としては最高です。
 また、ここで、宿泊してみましたが、非常にホテルマンの対応ができていることに驚きました。とても丁寧で、心配りが行き届いております。私はこの居心地さは建築空間だけでなく、人とも交えた総合的なものだと感じました。是非、一度宿泊してみてください。
続きを読む
posted by 袋谷幸宏 at 02:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 鳥取 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

南堀江の新商業施設kNot(ノット)

DSCF4687.jpg

私の通勤している栗本建設工業のビルの1・2Fをリノベートさせた、商業施設『kNot』が、4/26オープンしました。

30年前の昔、四ツ橋筋に面してこのビルは建設され、当時は大阪市が導入する公開空地制度の第1号物件として建設され、この辺りでは木材屋さんや家具屋、建具屋などが多く点在しておりました。今やこの堀江地区の一等地である地区の顔、ランドマークとして、今年創業60周年を迎えることを期して、生まれ変わりました。

施設のプロデュースはケイオスの澤田氏、外観と施設のデザインは間宮吉彦氏の設計によるもので、ビル全体がこげ茶色の黒い物体の足元が華やかで、楽しそうなしかも待ち合わせなどにはもってこいのファサードデザインになっています。元々このビルの地下の活性化を故日限萬里子氏に話をもちかけたというエピソードもあるのですが、結局事務所として使用していた1・2階をコモンスペースとして開放することになりました。

私はこの会社で長年1階の奥で働いていたので、懐かしい感じはしましたが、ここまで変身した姿を見ると、心を入れなおして心機一転がんばろうとゆう勇気にもつながりました。

正面のカラフルなパネルはペアガラスの空気層に色とりどりのフィルムを挟んでいて、何ヶ所かは照明も点灯します。1階の外部の床はコンクリート打放しで全て照明が埋め込まれていて夜には足元がとても美しくライトアップされます。

【住所】大阪市西区南堀江1-11-1 栗建ビル1・2F
【営業時間】
  物販・サービス:AM11:00〜PM8:00  
  カフェ:AM11:00〜PM11:00
  http://www.knotweb.com/
DSCF4685.jpg

DSCF4686.jpgDVC00048.jpgDVC00049.jpg

続きを読む
posted by 袋谷幸宏 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

ビッグハート出雲(島根)

美的建築ワールド
 
■■ ビッグハート出雲(島根)
Big Bird Izumo
設計 小嶋一浩+小泉雅生/C+A
訪問日 2006-03-16
作成日 2006-04-17

 ビッグハート出雲は、人々の交流・文化の新しい発信地として、平成11年12月 JR出雲市駅南口にオープンしました。

コンサートや講演会のできる「白のホール」、展示スペースの「アートギャラ リー」、音楽の練習から会議まで多目的に使用できる2つの「スタジオ」など、 個性的な施設を備えています。

また、駅側の事務所横スペースには、いろいろな催し物案内があります。
続きを読む
posted by 袋谷幸宏 at 00:50| Comment(1) | TrackBack(2) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

島根県立古代出雲歴史博物館(島根)

美的建築ワールド
 
■■ 島根県立古代出雲歴史博物館(島根)
Izumo Shimane prefectural ancient times Historical Museum
設計 槇総合計画事務所 槙 文彦
訪問日 2006-03-16
作成日 2006-04-16

 出雲大社の参道東側に隣接した大社の南北軸と平行に伸びる敷地で、背後の北山山系が大社と共有の借景となっている。今回訪れた際にはほぼ完成に近い状態だが、外構工事を少し残す程度ですが、館のオープンはまだ来年の春の予定らしいです。
続きを読む
posted by 袋谷幸宏 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大社文化プレイス(島根)

美的建築ワールド
 
■■ 大社文化プレイス(島根)
Taisha cultural Place
設計 伊東豊雄建築設計事務所
訪問日 2006-03-16
作成日 2006-04-13

 出雲大社の大鳥居の近くに位置しており、ホールと図書館とがいっしょになった施設。図書館は半分土の中に埋もれているような形で、光庭だけが真ん中にあり、部屋全体を明るくしている。外観は伊東氏流のガラス部分が特徴的。内部の天井も金属ルーバーが連続していて美しい。
続きを読む
posted by 袋谷幸宏 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

岡崎市美術博物館(愛知)

美的建築ワールド
 
■■ 岡崎市美術博物館(愛知)
OKAZAKI CITY MINDSCAPE MUSEUM
設計 栗生明 / 栗生総合計画事務所
訪問日 2002-07-20
作成日 2004-09-06

岡崎市美術博物館(マインドスケープ・ミュージアム)は、1996年7月に岡崎市中央総合公園内に開館。
モノから心へと、価値観が変化している現在。目に見えないものを感じ、心の世界から美術や工芸を楽しむことを目的に、「マインドスケープ(心の風景)」「16.5世紀」「ワールドバロック」「東と西の出会い」の4つを基本コンセプトとし、「心」を語る美術品の収集・展示を行うユニークなミュージアム。
続きを読む
posted by 袋谷幸宏 at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

出雲大社庁の舎(島根)

 
■■ 出雲大社庁の舎(島根)
Of Grand Shrine of Izumo agency
設計 菊竹清訓建築設計事務所
第6回BCS賞、第14回芸術選奨文部大臣賞、第15回日本建築学会賞、第7回汎太平洋賞(アメリカ建築家協会)の各賞(1964年)
訪問日 2006-03-16
作成日 2006-04-09
出雲大社の境内の中に出雲大社庁の舎がありました。室内へは使用中のため入れなかったのですが、イサムノグチの超特大の照明が吊るされていました。またその建物とちょうど向かいに位置するのが宝物殿です。
続きを読む
posted by 袋谷幸宏 at 02:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 島根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

自邸マンションリフォーム(豊中)

 
■■ 自邸マンションリフォーム(豊中)
Jitei Manshon Reform
設計 一級建築士事務所 Y’s Degign
竣工日 2002-11-30
作成日 2005-12-14

りんくうLINES管理人袋谷の自邸マンションリフォームの様子です。メゾネットの階段を境に、区切られた部屋をワンルームにしました。床も同じ素材で、段差無しに仕上てあります。「できるところは自分達で」と「自然素材」をモットーに、大工工事・設備工事と天井の漆喰塗りを、左官屋さんにお願いしました。自分達でしたのは、壁漆喰塗り・塗装・タイル貼り・ウッドデッキなどです。細々とした雑工事(棚・タオル掛け・照明器具取付etc)も自分達で。日々、カスタマイズしつつあります。
続きを読む
ラベル:リフォーム
posted by 袋谷幸宏 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

伝統構法・川村工務店

DSCF3070.JPG 伝統構法でやっている滋賀県にある「川村工務店」に行ってきました。 伝統構法・自然素材・合板ゼロ・土壁塗り・エアコン無し・国産材(地域材)・とにかく太い材・風が流れる・薪ストーブ・木製サッシを作る・家具を作る・オリジナル床暖房・通気工法・そして、玉石による基礎、金物は出来る限り少なくする。といった考えで今、川村さんご自分の自宅を建築されています。

「許容応力計算法によるとたくさんの筋交いや構造用金物、合板等が必要となり、それにたよった家作りとなります。このことは先人の知恵による家作りとどんどんかけ離れ、本来の職人の持つ技術は不必要となり、失われつつあります。限界耐力計算法で家作りを考えると、筋交い・金物等は不用となり、手仕事の復権はもちろんの事、自然の理にかなった伝統構法で、ねばり強く丈夫な家作りが可能です。」と現場には看板が掲げられています。

もう既に今年1年分のお客さんの予約はいっぱいという状況で、実に喜ばしい話です。しかも全国から大工さん志望の若い方が、ただで働かせて欲しいと押し寄せてきているという状況です。設計事務所のお仕事もするとのことですが、図面中に「プレカット可」という文字があるとお断りするという徹底振り。
続きを読む
ラベル:滋賀県 工務店
posted by 袋谷幸宏 at 21:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 滋賀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

大阪デザイナーズウィーク2005

本日、大阪デザイナーズウィークが開催され、10月10日までの期間中、開催されます。

栗本建設ビルの1階・2階が会場になっている「Totteoki展」と「デザイナーズヘイベイ(平米)」に行ってきました。若手クリエイターが手がけた作品が様々な表現で展示されており、シンプルなものから凝ったものまで色々あります。中でも2階にWood Warker Associationでは無垢の木のカウンターを天井から吊り下げてあり、色々な種類の木々が目で見ることができます。

この会場の展示会が終わると来年春にオープンする商業施設「kNot」の完成予定模型やパースが展示されていました。
DSCF2790.JPGDSCF2787.JPG

■クリケン企画1「Totteoki展」
日程:10月6日(木)〜10日(月・祝)11:00〜19:00(最終日17:00終了)
場所:西区南堀江「栗建ビル1階」
入場料:無料
大阪インテリアショップ発のとっておきイベント。各ショップ--押しの商品を一堂に集め、最新のインテリア製品を紹介します。大阪・京都・名古屋・東京共通イベントとして各地で開催が決定しています。インテリアショップから、普段お店には出していない「とっておき」を集めて販売する「Totteoki展」を開催。
会場全体構成 間宮吉彦氏(大阪デザイナーズウィーク実行委員長)

■クリケン企画2「デザイナーズヘイベイ(平米)」
日程:10月6日(木)〜10日(月・祝)11:00〜19:00(最終日17:00終了)
場所:西区南堀江「栗建ビル2階」
入場料:無料
オープンを前にしたビルの空間をデザイナーに開放し、空間を自由に使ってインスタレーションしたり、新作を発表するなど地元関西のクリエイター約30名による平米作品インスタレーション展。
出展者:空間デザインワークス(草木義博)、シエスタインターナショナルアソシエイツ(酒井浩司)、大石容一、グロー・リパブリック(宮村岳志)、沼田行正、古田恵介、FIO建築事務所(藤本佳嗣)、ピクデザイン、ワビサビ(長澤博之)、タピエ・スタイル(玉井恵理子)
会場全体構成 間宮吉彦氏(大阪デザイナーズウィーク実行委員長)

DSCF2786.JPGDSCF2788.JPGDSCF2789.JPGDSCF2791.JPGDSCF2792.JPGDSCF2793.JPGDSCF2794.JPGDSCF2795.JPGDSCF2796.JPGDSCF2798.JPGDSCF2799.JPGDSCF2800.JPG
ラベル:デザイン 大阪府
posted by 袋谷幸宏 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。